CC ZERO CAMBIAZO

スペインで行われたコカコーラゼロのプロモーションの様子。コカコーラゼロはオリジナルと比べ、味に差があるのでは?っといった先入観を払拭するために行われたもの。

当然広告で、カロリー0だからいいですよー!的な内容は伝達しているんですが、なかなか信じてもらえないので、ちょっと過激なやり方で、映画館でコカコーラが注文された際に、紙コップの中を「コカコーラゼロ」を入れ、渡してしまうというもの。ちゃんとネタばらしをし、お客さんも大喜びで、なかなか楽しい一幕な感じ。

日本だったら、20代前半世代なら行けるかな?

Write a comment

Comments: 0

brunch and banana

Social Media

Translation